menu

企業情報

HOME > 建良ITT > 企業情報 > 概要
HOME > 建良ITT > 企業情報 >
(株)建良ITTは自動車内装材機械を核心事業でやっており、貿易と電子取引事業部を経営する中小企業として ベンチャー企業、イノビジ企業、釜山市戦略産業 先導企業として、登録されています。

当社は韓国の自動車産業が世界へ向けて飛躍を始めた1990年に設立され、韓国の自動車が年間500万台を生産し世界5位生産国の位置を守っている2015年 現在まで 韓国の自動車産業の発展と共に成長し、自動車内装材機械 国内市場 シェア60%以上を占めながら、同種分野の技術先導者としての 立場を築いています。1994年ポーランドの輸出を始め、現在は自動車強国であるヨーロッパ、アメリカ、日本を含め全世界21ヶ国に弊社の機械を輸出をしています。世界市場での建良ITTの認知度を高めていて、2020年には世界市場10%占める戦略目標を立て達成するため邁進しています。

2014年10月に新築し移転した美音本社は全職員の夢と情熱を盛込む受け皿として本館、工場洞,生活館で構成され、思う存分に働くことができる便利で快適な環境が備えています。これで、(株)建良ITTの美音時代を切り拓いて、創立以来28年間築いてきた技術と信用、経験、そして顧客信頼をもとに「品格人材」「名品機械」「魅力企業」をキャッチフレーズとして、2期経営出帆を宣布するによって未来を向け新しい挑戦を始まりました。

(株)建良ITTは25年間荒地と変わらない韓国の自動車内装材機械分野を開拓し、現在21ヶ国に機械を輸出する可能性の市場を作ったことを誇りもっています。新しく出帆する2期経営では、全職員が仕事を通して、自分の成就と幸福だけではなく、共に働く人との相生を求めて、名品機械とサービスとして顧客に感動を与え、自動車内装材機械分野のグロバール強小企業として成長していきます。